防災や防犯にも役立つシャッターを自宅に設置することが可能です

とても静かなシャッター

男性

防犯のためにシャッターの導入を考えているのなら、電動式シャッターがおすすめです。ボタン一つで開け閉めが可能で、閑静な住宅街でも近所の迷惑にならないほど静かです。

シャッターを設置して守る

シャッター

新築やリフォームを行なう際に、雨戸やガレージなどにシャッターを設置したいと考えても、種類が豊富なのでどのようなシャッターを設置したらいいか迷うでしょう。シャッターは、防災や防犯、そして自然災害への対策にも繋がるので、大切な家や車を守るために設置することをおすすめします。窓であれば、窓専用のシャッターがあります。一般的にアルミやスチールなどで作られているものがあります。スチール製のものは、羽根がついているものもあり、閉めた時に窓をぴったりと締め切るクローズタイプと、羽根を開閉して風や光の調節ができるブラインドタイプ、そして羽根の間に小さな穴が開いたスリットタイプの3種類があります。ブラインドタイプであれば、開閉させることで部屋の中に光を取り入れることも可能です。また、シャッターを設置することで防風などで飛ばされてきた石などで窓ガラスが割れる心配もなくなります。ガレージに設置するタイプのシャッターも、屋根にシャッターボックスを取り付けることで、ガレージが狭くなることもありません。シャッターをボックスに巻き取る形で収納します。小さなガレージでも、大型車を収納するような広いガレージでも、規格に合ったものが存在するので安心です。手動の物もありますが、現在はリモコンで簡単に操作のできる電動式シャッターが主流となっています。ボタン一つで簡単に操作することができるので、手間がかかりません。プライバシーの確保、防犯のためにもシャッターを設置するといいでしょう。

シャッターの異常

ヘルメット

日頃使うシャッターの開け閉めに異変を感じたら、無理やり使用せず専門業者に修理を依頼しましょう。無理やり使用すると怪我の原因にもなります。また、シャッターを長く使うために日頃のメンテナンスも大切です。

シーンに合わせて選ぶ

ウーマン

シャッターの設置は、設置する場所や治安に合わせたシャッターを選ぶことが大切です。防火性や防錆対策に優れたシャッターもあります。また、手動式から電動式に切り替えることもできる場合があります。